角島ナビ

中本たか子文学資料館

中本たか子文学資料館では、角島出身の女流作家、中本たか子氏にまつわる資料が展示されています。
中本たか子氏はプロレタリア作家として活動されており、共産党のシンパとして検挙、投獄されたりと、波乱万丈の人生を送られたことでも知られています。
「闘ひ」「南部鉄瓶工」「耐火煉瓦」「白衣作業」などが中本たか子氏の代表作で、スケールの大きな作風が特徴です。
中本たか子氏が詠まれた、『故里を とおくはなれて 思うかな 夢さきの波 牧さきの風』という歌より、角島の夢崎と牧崎の地名が命名されています。
尚、中本たか子文学資料館には係の人は常駐されていないので、入館する場合には、隣の角島旅館の方に声をかけて下さい。
 
入館料:200円
閉館日:不定期
住所:豊北町角島630‐3
TEL:0837-86-2574


中本たか子文学資料館
中本たか子生誕の地碑
この奥が中本たか子文学資料館です。